水虫予防

プロポリスと皮膚疾患

プロポリスには自然由来の抗炎症作用と抗菌作用があります。
これらは体内に入ると雑菌やウイルスを殺し、風邪をひきにくくしてくれますが、皮膚や口の中など皮膚の気になる部分に直接塗るだけでも炎症を鎮める効果があります。
具体的には、吹き出物やニキビなどの皮膚病、炎症を鎮める作用があります。
もちろん病気由来の吹き出物などは原因が別にあるためプロポリスだけでは効果が感じられないかもしれません。
しかし、通常の皮膚病であれば炎症が起きた部分にプロポリスエキスを軽く一塗りするだけで、それを鎮める効果があるということです。

夏になると外は暑く、汗をかきやすくなります。
そこで困るのが、湿疹やあせも、あるいはアトピー性皮膚炎などの症状です。
実はプロポリスはこれらのトラブルにも効果があり、特に炎症を早く鎮めたいところに塗布すると良いのだそうです。

また、プロポリスは切り傷や擦り傷など、あるいは火傷のケガにも塗布することができます。
医薬品の塗り薬も良いですが、プロポリスでも雑菌を防ぐことができますので、薬がない時の代用品や薬にかぶれやすい方には特におすすめです。
プロポリスは自然由来の食品ですから、皮膚に塗ってもそれが有害になることはありません。
しかし人によってはアレルギー反応が出る場合がありますので、ハチミツやローヤルゼリーなどにアレルギーをお持ちの方は念の為避けるようにしましょう。
もしもアレルギーに関して不安な事があれば、事前に医師に相談をするなどして診断を受けると良いでしょう。

プロポリスは赤ちゃんから高齢の方まで、誰もが使える心強い味方です。
万が一市販のぬりぐすりが使えない場合でも、プロポリスを使って湿疹などを抑えることができれば嬉しいですね。
最近では抗炎症作用が注目を集め、口内炎や歯周病など口内の皮膚のトラブルにもプロポリスが使われはじめています。
ぜひ、毎日の健康のために手に入れておきたいアイテムです。


Copyright(C) 2013 栄養価の高い成分 All Rights Reserved.